iPhone水没の応急処置!早目に修理にだそう

iPhoneが水没してしまっても大丈夫!応急処置次第では復活の可能? - iPhone水没の応急処置!早目に修理にだそう

iPhone水没の応急処置!早目に修理にだそう

日常的に持ち歩くことになるので、どうしてもiPhoneを落としてしまうことがあります。
床やコンクリートの上に落としてしまい、液晶画面が割れてしまった経験のある人もいるでしょう。
ですが、水の中に落としてしまった場合には、画面は割れずにすむかもしれませんが、内部がショートして壊れる可能性もあるのです。

修理に出す前に応急処置をしておく

iPhone水没させてしまった場合には、修理に出すことになります。
上手くいけば修理に出さなくても大丈夫な場合もありますが、いつ壊れるか分からなくて不安ならば早めに修理に出しましょう。
ただ修理に出せば良いという訳では無く、修理に出す前に応急処置として出来るだけのことをしておいた方が良いのです。
特に内部のデータに関しては、SDカードなどが使えないiPhoneでは自分でバックアップを取っていない場合も多いようです。
修理に出せばデータが元通りになるとは限りませんから、バックアップをとることも必要になります。

乾くまで電源は落としたまま

壊れていれば修理に出さなければならないので、本体の水分を拭き取ったら電源を入れて使えるか試したくなるものです。
ですが、ここで電源を入れてしまうと、故障に繋がることも考えられます。
電源を入れたまま落とした場合には、出来るだけ早く電源を切るようにして、その場で動くか確認するのはやめておきましょう。
乾燥剤などと一緒に入れておくことで、iPhone水没から復活したという話が良くあります。
それらと同じように、乾燥するまでは動くかどうかの確認はしないで待つのです。
ここで焦って確認すると、データのバックアップをとれないまま動かなくなることもあるのです。

端子の中など拭ける部分の水分は拭く

iPhoneにはSIMカードが入っていますから、これを抜き出して濡れていればしっかりと拭いて乾かしておきましょう。
SIMカードもiPhone本体と同じように、とても大事なものなのです。
SIMカードスロットは小さいので中は拭きにくく感じるかもしれませんが、出来るだけ水分を取るようにしましょう。
他の端子部分に関してもそうですが、外側から水分を拭き取れる箇所に関しては、出来るだけやっておいた方が良いのです。
応急処置として出来ることは限られていますが、それでも復活する可能性が高くなるのですからやっておくようにしましょう。

動いたらデータのバックアップをとる

乾燥剤などを使って内部の水分がなくなったと思ったら、電源を入れて動くか確認することになります。
この時点で全く動きが無い場合には、充電をしてみると動く場合もあります。
それでも駄目な場合には、そのまま修理に出すことを考えなければなりません。
もし電源が入った場合には、すぐにでも必要なデータのバックアップを取ることが大事です。
一度はiPhone水没しているのですから、いつ動かなくなるか分かりません。
PCがあればiTunesを使ってバックアップを取ることも出来ますし、iPhone本体だけでもiCloudにバックアップを取る方法があります。

修理には出来るだけ早めに出す

ytdjtjydt
壊れていないと思っていても、徐々におかしな挙動になっていくこともあります。
重要なときに使えなくなったのでは困りますから、安心して使い続けられるように大丈夫だと思えても早めに修理に出しましょう。
応急処置は故障を最小限にしたり必要なデータのバックアップが重要なのであり、それで元通りにはならないのです。

iPhone修理おすすめサイト

iPhone修理モバプロ
東京都新宿区西新宿7-10ー17 新宿ダイカンプラザB館 605号室